海外で日本のテレビを視聴する方法【2022年最新版】

近年、技術の進歩により、インターネットを通してオンライン上で私たちのお気に入りのチャンネルやテレビ番組を視聴できるようになりました。このようなコンテンツは、権利と事業ライセンスを得ている特定の国でのみ放送が許されており、その他の国から視聴することはできません。これは法律で国外への配信が禁止されていることを意味します。

GPS機能により、ユーザーがどこからウェブサイトや各種サービスにアクセスしているかを正確に把握しています。それらの情報を参考にコンテンツへのアクセスを制限、または許可することができます。

VPNを使用して日本のテレビを視聴する方法

仮想プライベートネットワーク(VPN)は、インターネット上での安全性を確保できるだけでなく、匿名性を保つことでプライバシーを保護します。ユーザーがVPNに接続すると、プロバイダーが管理しているいずれかのサーバーに繋がり、暗号化された回線を提供することでユーザーのIPアドレス等の個人情報がさらされることなく、安心してインターネットにアクセスできます。

地域制限によって遮断されたコンテンツを視聴するには、以下のことを実行する必要があります。

  1. VPNアプリをダウンロードする
  2. 日本国内にあるサーバーを選択する
  3. お気に入りの日本のテレビのサイトにアクセスする

この簡単な手続きをすることによって、日本の配信サイトはユーザーが物理的に日本からアクセスしていると考え、プラットフォーム内にあるコンテンツの視聴を容易に許可するでしょう。

海外で日本のテレビを視聴するのに最適なVPN

VPNは、誰でもある程度は簡単に利用ができ、いくつか種類があります。今回、その中から最適なVPNを5つほどご紹介します。

ExpressVPN

当社のテストで総合的に最も優れたサービス

ExpressVPN devices
  • 超高速サーバー
  • AES 256ビット暗号化
  • プライベートプロトコル「Lightway」対応
  • 返金保証

ExpressVPNは、あらゆるVPNサービスの中でも最も最適といえる存在です。性能やセキュリテイなど、どの分野でも優れた万能型のVPNとして知られており、海外から日本のテレビを視聴する際に最適な選択肢といえるでしょう。

ExpressVPNは、VPN業界で標準の暗号化方式であるAES256を使用しています。AES256(Advanced Encryption Standard with 256-bit keys)は、機密性の高い情報を保護するための暗号化規格のことで、世界中のセキュリティ専門家にも支持されています。また、インターネット上での行動や閲覧履歴を残さない「ノーログポリシー(No-Log Policy)」を採用しており、政府をはじめ、インターネットサービス関連業者、そして悪意のあるような組織からデータを安全に保護してくれるでしょう。

世界94ヶ国の160拠点に3000台以上のサーバーがあるおかげで、どの国からでも様々なコンテンツにアクセスすることができ、このブロック解除能力は、他の追随を許さないほど強力です。日本国内にもサーバーがそこそこあるので、このVPNを通して、AbemaTVやGYAO、Hulu Japanなど日本のお気に入りのテレビ番組の視聴が可能です。

ExpressVPNは、他のVPNプロバイダーと比較しても、その性能は群を抜いています。あらゆる接続の問題がなく、次々とダウンロードし、配信や閲覧することが可能です。速度に関しても、コンテンツをバッファリングしている間の無駄な時間を取り除くので、視聴中の遅延を心配する必要はありません。

毎月の料金プランは平均よりもやや高めですが、この豊富な機能には払う価値があるということです。1つの契約で最大5台までの端末に同時接続が可能です。他のVPNサービスとは異なり、無料体験期間はありませんが、30日間の返金保証があるので、仮にサービスに不満な場合も、30日間以内であれば返金保証があるので安心です。

ベストオファー: $6.67/月 (保存する 49% + 3ヶ月間無料)

NordVPN

当社のテストで間違いなく最速のサービス

NordVPN devices
  • 非常に高速なサーバー
  • 優れたセキュリティ機能
  • 検証されたノーログポリシー
  • ストリーミングプラットフォームのブロック解除

こちらも特筆すべき素晴らしいVPNサービスプロバイダーといえるでしょう。NordVPNは、VPNサービスプロバイダーの中でも一目置かれる存在で、お手頃な価格のプロバイダーの1つです。

また、AES256暗号化を使用することで、一貫してあなたのインターネット通信を保護します。既にご存知だとは思いますが、この暗号を打ち破るのは不可能でしょう。IPマスキングを使用することによって、接続しているサーバーのIPアドレスは、あなたの本当のIPアドレスの代わりのものが公開されます。また、DNSとIPv6情報漏洩保護機能、自動キルスイッチ部品、そして、さらにセキュリティを強化するためにダブルVPNサーバーを利用することができます。そして、ノーログポリシーによって、第三者がユーザーのインターネット履歴にアクセスできなくなります。

NordVPNのサーバーは、世界59ヶ国に5400台以上あります。国数の数はExpressVPNよりも少ないですが、サーバー数は多いです。日本にも約80台あり、様々なサーバーから選択できるので、DAZN Japan、DMM Games、TVerなど日本の人気テレビプラットフォームにアクセスすることが可能です。

NordVPNは、速度面でExpressVPNに勝るVPNサービスプロバイダーといえるでしょう。NordVPNはサーバーの数が多いため、他のプロバイダーよりもサーバーへの負荷が少なくなっています。クイック接続機能は、利用できる最適なサーバーへの即時接続を提供します。

1つのアカウントで最大6台までのデバイスでインターネット同時接続が可能です。料金プランに関しては、2年プランに加入した場合、約200ドルも節約できるので、非常にお手頃な価格といえます。

ベストオファー: $2.93/月 (保存する 68% + 3ヶ月間無料)

Surfshark

複数のデバイスを接続するのに最適なサービス

Surfshark devices
  • 無制限のデバイスの同時接続が可能
  • ステルスモードを搭載
  • マルチホップ機能を搭載
  • 3,000台以上のサーバー

Surfsharkは、VPN分野で急速に地位を築いている新しいVPNサービスプロバイダーです。2019年にBest Newcomer VPN賞を獲得し、最も安いVPNとも言われています。

このSurfsharkの接続は、標準的なAES256暗号化を使用しているので安全です。DNS情報漏洩保護機能と自動キルスイッチによって、ユーザーの機密データが保護されていることを保証しています。また、マルチホップ(ダブルVPN)サーバーに接続することで、よりセキュリティを強化することができます。そして、広告やマルウェアを防ぐためのCleanWebというセキュリティ機能もあります。インターネット内での行動履歴は保存されず、プライバシーは保証されます。

Surfsharkはネットワークをどんどん拡大しており、日本を含む65ヶ国に3200台以上のサーバーを保持しています。日本版Netflixのライブラリにアクセスでき、地域制限を回避するためにブロック解除する際も特に問題はありません。また、トレントとP2P(peer to peer)が全てのサーバーで許可されているため、何も問題はありません。

速度テストを何回か行なった結果、Surfsharkは最も早いVPNサービスプロバイダーの一つであることが証明されています。もし、接続速度が速いVPNを探しているなら、このSurfsharkはその希望に応えてくれるサービスプロバイダーでしょう。バッファリングによる遅延は過去のものであり、今では気軽にコンテンツを視聴することができます。

Surfsharkが他社と違う点は、1つのアカウントで使用できるデバイスの数で、同時接続数に制限はなく、無制限です。また、Windows、macOS、Android、iOSなど、様々なOSにも対応しています。料金オプションもVPN市場で最も安い部類に入り、30日間の返金保証もあります。

ベストオファー: $2.21/月 (保存する 81% + 3ヶ月間無料)

CyberGhost

最強の返金保証制度を提供するサービス

CyberGhost devices
  • 45日間の返金保証
  • 7,000台以上の信頼できるサーバー
  • 厳格なノーログポリシー
  • 強固なセキュリティ機能

CyberGhostは、これまで良質な速度とセキュリティの提供に関して経験値があります。初めて利用する方に最適なVPNの1つとして、業界トップクラスの評価を得ています。

VPNサービス業界で上位に位置する他のプロバイダー同様に、CyberGhostはいかなる機関にもユーザーのデータを共有する義務がなく、本社はルーマニアにあります。CyberGhostは、データを保護するために標準的なAES256暗号化を使用し、厳格なノーログポリシーを採用しているので、ユーザーを特定するような情報は一切保存されません。また、PFS(Perfect Forward Secrecy)と呼ばれる機能があり、毎回ログインするたびに自動的に暗号化キーが変更されます。

CyberGhostは、世界86ヶ国に107もの拠点があり、約7000台のサーバーを保持しています。これはユーザーがサーバーを選ぶ際に多くの選択肢を与えることを意味しています。日本には71台のサーバーがあり、これらのいずれかに接続することによって地域制限が解除され、dTV楽天TVなど日本のテレビ番組を日本にいる時と同じように視聴することが可能です。

速度面では、プレミアムハードウェアへの投資を続けており、最速のVPNプロトコルを使用することで、配信、閲覧、トレントファイルをダウンロードする際に途切れることなくスピード感あふれる体験を楽しむことができます。同社のサーバーは、日本のテレビ番組だけにとどまらず、NetflixやAmazon Prime Japan、Youtubeなどの配信プラットフォーム向けにも優れているといえるでしょう。

CyberGhostのアプリは、設定も使い方も簡単で、複数のデバイスで利用できます。アプリをダウンロードしはじめ、わずか数分でサーバーに接続できるので、もうお気に入りの日本のコンテンツのエピソードを見逃すことはないでしょう。

料金プランはお財布に優しく、長期プランであれば、より安い金額で利用できるでしょう。また、月額プランを除いてこれらには45日間と14日間の返金制度があります。どの契約でも1つのアカウントあたり、7台までのデバイスに同時接続が可能です。

ベストオファー: $1.9/月 (保存する 84%)

 devices

    PrivateVPNは、スウェーデンを拠点とし、高レベルのセキュリティとプライバシーを提供しています。また、世界中どの場所からでも信頼性の高い接続を確保します。

    PrivateVPNは、インターネットアドレス、位置情報、行動を安全に保護し、ユーザーのアイデンティティを守ります。誰もオンライン上での履歴を追跡したり、データにアクセスすることはできません。スウェーデンに拠点は置いていますが、匿名性とプライバシーを保つために必要不可欠なノーログポリシーを採用しています。ロックタイトな一貫した軍用レベルのAES256暗号化を備えたプロトコルを使用しています。トンネル接続にセキュリティレイヤーを使用することで、安全性に欠ける公共ネットワークからの安全性を確保します。

    今回紹介している他のプロバイダーよりもネットワークは小規模で、世界60ヶ国に150台以上のサーバーを保持しています。日本国内のいくつかのサーバーは、日本テレビ、テレビ朝日、フジテレビのような日本のテレビチャンネルを見るのには十分といえます。

    PrivateVPNは、小規模のサーバーネットワークにもかかわらず、速度はまずまずです。かなりの速度と安定した接続を維持することが可能で、より近い場所にあるサーバーに接続すると、最高のパフォーマンスを発揮します。各サーバーの速度は時間が経過しても変わらないので、これがPrivateVPNがいかに信頼できるプロバイダーかを示しているでしょう。また、無制限の高速帯域幅、トレント、および高画質の配信クオリティを可能にします。

    PrivateVPNでは、Windows、macOS、iOS、Androidで利用できるアプリがあり、規定の方法でインストール可能です。価格は業界の中でも最も安いものの1つであり、年間契約で割引が適用されます。7日間の無料お試し期間内でアプリをテストし、あまり使い勝手が良くなかった場合、30日間の返金保証を利用して全額返金が可能です。1つのアカウントで最大6台までデバイスを同時接続することができます。

    /月 (保存する )

    日本のテレビを視聴するのに最適なVPNを見極める方法

    日本国外では何百ものVPNがあり、いくつか機能や契約等を考慮しなければならないため、最適なVPNを選択するのは難しいです。こちらでは、使用するVPNを選ぶ際に注目するべき重要なポイントをまとめてみました。

    1.セキュリティ
    これはユーザーにとって最大の悩みの種に違いないでしょう。まずは各VPNが提供するセキュリティ機能を確認してみましょう。利用可能な最適な暗号化プロトコルや厳格なノーログポリシーを採用しているか?などを確認しながら、自分に合ったVPNを探すことをおすすめします。

    2.速度と帯域幅
    サーバーの速度は、ユーザーが求めるニーズにマッチする必要があります。もし、日本の高画質なテレビを視聴したい場合は、日本国内にあるVPNサーバーの速度に注意を払う必要があります。また、帯域幅に上限があるかどうかもVPNの速度に影響するため、確認するようにしましょう。

    3.場所
    サーバーがある場所も速度と同様に重要です。日本国内にサーバーがあるか、その数はどれくらいか、信頼性はあるかなどを確認しましょう。

    4.ブロック解除能力
    信頼できるウェブサイトで紹介されているレビューを読んだり、無料のお試し版や返金保証制度を利用してVPNをテストし、お気に入りの配信プラットフォームを簡単にブロック解除できるかどうかを確認しましょう。

    5.デバイスの互換性
    市場にある無数のデバイスの中でも、VPNがユーザーが持っているデバイスをサポートしているか、何台まで同時接続が可能かどうかを確認する必要があります。

    日本のテレビを視聴するために無料版VPNは使用できますか?

    今回ご紹介したVPNサービスプロバイダーリストの中に、無料版がないのには理由があります。無料版を最高品質のものと比較すると、いくつか制限があります。無料版は費用を節約したい人に人気がありますが、サービスがお粗末で、データが流出する危険性があり、それらの大半は日本国内にサーバーを設置していないものが多いです。こちらでは無料版の使用をおすすめできない主な理由をいくつか紹介します。

    1.安全性
    安全性は、ユーザーにとって最も重要な問題です。多大なネットワーク接続に必要なハードウェアと専門スタッフを管理するためには、相当な資金が必要です。もし、プロバイダーがサービスに対して収益を得ていない場合、おそらくユーザーのデータを最高入札者に売っているかもしれません。これらの無料版VPNは通常のプライバシー規約が不十分です。このような業者は、ユーザーの個人情報を保存し、インターネットでの行動を追跡してくる可能性が非常に高いです。

    2.攻撃的な広告
    無料版VPNを使用する場合、いくつかのポップアップ広告に遭遇するでしょう。そして、知らないうちに閲覧履歴を追跡され、個人情報を第三者に共有または販売されてしまうという非常に高い危険性があります。

    3.お粗末なサービス
    ひどいサービスを提供しているVPNを使用するほど無駄なことはありません。ほとんどの無料版VPNは、遅延が発生し、速度が遅いため、日本国外では日本のテレビ視聴を楽しむことができないでしょう。

    日本のテレビを視聴するために安全なVPNは無料版VPNと違うのでしょうか?

    はい、安全なVPNと無料版VPNは異なるプランです。安全なVPNは、短期間に各機能を無料で利用できます。期間の目安としては30日〜45日ほどになります。この期間内であれば、通常のVPNのあらゆるサービスにアクセスすることが可能です。

    VPNのサービスが気に入らない場合でも、返金保証期間内であれば、返金を求めることも可能です。一部の安全なVPNでの返金手続きは、何の手間もかからずにスムーズに行われます。逆にいくつかのVPNによっては、一部情報を提供する必要がある場合もあります。

    とりわけ、注目すべき点は、このVPNに一度サブスクリプション料金を払わなければならないということです。一方、無料版VPNは、何も支払う必要がありません。それどころか、ユーザーは自由に全てのVPNの機能を無料で使用することができます。サブスクリプション料金を支払う必要はありませんし、難しい登録作業に直面することもないでしょう。

    無料版VPNでは、Eメールアドレスを入力するか、SNSのアカウントを提供するだけでよいです。最後に安全なVPNは通常、素晴らしい機能を備えているため、日本向けには最適です。逆に言うと、日本のテレビを視聴するために無料版VPNを使用するのはしばしば危険が伴うでしょう。

    他の国で日本のテレビを視聴できない理由

    多くの人が、なぜ日本以外の国で好きな日本のテレビ番組を視聴することができないのか不思議に思っているでしょう。それは日本のテレビ局が、コンテンツの日本国内での配信権しか持っていないことが多いのが理由で、海外で放送することができません。もし放送してしまうと、配信権を侵害することになり、その結果、訴訟を起こされる可能性が出てくるでしょう。

    それゆえに日本のテレビ局は、日本国外から番組にアクセスできないように厳しい地域制限を導入しており、日本のIPアドレスを持っている人だけが、日本のテレビを視聴することができます。海外にある日本のコンテンツを簡単にブロック解除できるのも、これが理由です。必要なのは日本のIPアドレスだけなので簡単です。今回ご紹介した上記の優れたVPNの中から選んで接続すれば、物理的に日本にいるのと同じようにコンテンツを視聴することができます。

    海外で日本のテレビを視聴する際によくある質問

    なぜ日本国外で日本のテレビを視聴するのにVPNが必要なのですか?

    全ての国や地域には、独自の著作権やライセンスに関する法律があります。これらの法律は、自分たちの媒体のコンテンツを誰が所有し、その所有者がどの場所で配信できるかを決めます。日本国外で日本のテレビ番組を視聴する場合、配信プラットフォーム、番組、チャンネルの持ち主は、他の国でコンテンツを公開するライセンスを保持していないので地域制限を使用し、日本国外の人々がプラットフォーム上でコンテンツを視聴することができないように設定しています。しかし、VPNを使用することでIPアドレスが日本国内のサーバーのものに置き換えられ、日本の配信プラットフォームへのアクセスが可能になります。なので、海外で日本のテレビを視聴するためにはVPNの使用が必要不可欠なのです。

    日本国外で日本のテレビを視聴するためにVPNを使用するのは違法ですか?

    いいえ、VPNを使用して日本国外で日本のテレビ番組を視聴するのは違法ではありません。いくつかのプラットフォームでは、地域制限を回避するためにVPNを使用していることが判明した場合、ブロックされる可能性もありますが、日本のほとんどの配信プラットフォームではあまり気にしなくても大丈夫です。なぜなら、これらのプラットフォームのほとんどがサブスクリプション型であり、VPNを使用しているかどうかに関わらず、このようなサービスにアクセスするためにある程度の費用を支払っていれば問題ない可能性が高いからです。しかしながら、VPNの使用が法律で認められている国にいたとしても、違法となる場合もあります。加えて、オンライン上で違法な活動を行なうためにVPNを使用することは、間違いなく、違法です。

    日本国外で日本のテレビを視聴するために最適なVPNはありますか?

    日本国外で日本のテレビ番組を視聴するためには、やはり業界のトップに君臨しているExpressVPNを使用するべきでしょう。VPN市場では安定性が重要であり、世界的にみてもExpressVPNは、なぜ最高級のVPNであるかをこれまで何度も証明してきました。長年の経験から培った優れたサービスは、日本国内でサーバーを使用してもほとんど問題がないことからも理解できます。加えて、接続速度が基準を満たすか超えている場合に限り、最高品質の状態で配信されるでしょう。さらにセキュリティ面とプライバシー機能の安全性に関しては安定しており、ユーザーが何も心配する必要がありません。

    VPNに接続することで、日本のどのテレビ局やチャンネルが視聴可能ですか?

    VPNに接続することで視聴できる日本のテレビ局やチャンネルはたくさんあります。代表的な例としては、NHK総合、NHK教育、日本テレビ、フジテレビ、東京MX、テレビ朝日、テレビ東京、TBSテレビなどです。さらにVPNを使用することで、海外の配信プラットフォームの日本でのみ配信されている日本語版のライブラリへのアクセスが可能になります。

    まとめ

    今回紹介した方法であれば、海外にいながら日本のテレビを視聴することはあまり難しくはないはずです。VPNに接続することで様々な問題が解決でき、日本国内で楽しむのと同じようにアクセスできるようになります。VPNを選ぶ際には数多くの選択肢がありますが、上記で詳しく紹介した方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。そうすれば、十分な知識を得ることができ、正しい選択ができると思います。