Googleから個人情報を削除する方法

Googleは間違いなく世界で最も人気がある検索エンジンで、2019年はじめの時点で、世界の検索エンジン市場の約88.5%を占めています。Googleは私たちの生活に不可欠な存在で、オンラインビジネスの価値を高める手助けとなり、私達が必要な情報を常に提供してくれています。年齢や属性に関係なく、どんな人でも何らかの形でGoogleの恩恵を受けています。 

インターネット上では場所や話題、状況、そして個人でさえもクリックするだけで情報を手に入れることができます。つまり、誰もがいつでも好きな時にあなたの情報を手に入れることができるというわけです。

あなたの知らないところであなたの情報が入手され、それがどんな目的にも使用される可能性があるというのは本当に恐ろしいことです。でも、心配しないでください。この記事では、あまり手間がかからずにGoogleから個人情報を消す方法を紹介します。まず、Googleがどのような方法であなたの情報を取得しているのかを簡単に説明します。

Googleはどのように個人情報を取得するのか?

Google はユーザーに関する情報を収集する経路をたくさん保持しています。そして、Googleには私たちが何を検索して、どの検索結果をクリックしたかを追跡するための機能もあります。また、GoogleはYouTubeのオーナーでもあるので、もしあなたがYouTubeを利用している場合、あなたが習慣的に視聴している番組に関するデータをGoogleが保有していることは確実でしょう。

YouTubeやGoogleは、検索や検索結果のクリックとは別に以下の方法を通して、ユーザーに関する情報を収集しています。

ウェブクローリング

Googleには、Googlebotと呼ばれるウェブクローラーがあります。Googlebotは継続的にウェブを閲覧することで、できるだけ多くの情報を収集し、ウェブサイトのコンテンツをインデックス化します。もし、あなたのウェブサイトがGoogleの検索結果に表示された場合は、Googlebotがそのサイトの存在を認めて、インデックス化したということになります。

ウェブ解析

多くのウェブサイトは、Googleアナリティクスと呼ばれるウェブ解析を使用して、ウェブサイトのパフォーマンスに関する情報を得ています。Googleはこのソフトウェアを通じて、自分達のために情報を収集しています。

Google Ads(Google広告)

GoogleはGoogle Adsを使うことで、人々がクリックした広告や広告主が頻繁に使用するキーワードに関するデータを収集しています。

Android OS

GoogleにとってAndroid OSは主要なデータの収集先といえますが、そのことを知らずに使用しているユーザーが非常に多いです。

電子メール 

Yahoo、Microsoft Outlook、そしてGmailは世界で最も人気の電子メールサービスです。なかでもGmailはGoogleが所有しており、もしGmailのアカウントがある場合、Googleは常にあなたのメール内容にアクセスすることができます。

Googleから個人情報を削除する方法

もし、Google上であなたの個人情報を発見した場合、以下のいずれかの方法で削除することができます。

1. ソースから削除する

時々、Googleで検索した際に表示される個人情報は、あなたが過去に公開した情報です。Facebookなどのソーシャルメディアへの投稿も含めて、オンライン上に投稿したものは全てGoogleに拾われる可能性があります。そのため、インターネット上で情報を発信する際には、常に注意しておきましょう。

もし、自分自身のある特定の情報を公開後にそれを削除したい場合は、ソースから行なう必要があります。情報を共有したWebページやプラットフォームにアクセスして、それらを削除する必要があります。これを実行すると、Googleはその情報にアクセス不可能となり、一定期間経つとどの検索エンジンにも表示されなくなるでしょう。

2. ウェブサイトの所有者に連絡する

もし、あなたのものではないウェブサイト上にあなたの個人情報の一部を見つけた場合、ウェブサイトの所有者に削除するように依頼する必要があります。ウェブサイトの所有者が誰であるか既に知っていたら電話で連絡するのが簡単でしょう。もしも、相手が匿名や個人的な関係がない場合は、お問い合わせのリンクから連絡するか、Whois.comを利用する、またはウェブサイトの管理会社に問い合わせすることで連絡を取ることができます。

お問い合わせのリンクからウェブサイトの所有者に連絡するには、まずウェブサイトにアクセスし、トップページの一番下までスクロールすると、お問い合わせリンク、もしくはウェブサイトのオーナーの連絡先情報を見つけることができます。あるいはWhois検索を通してGoogle内でウェブサイトの所有者の連絡先を検索することもできます。

これを実行するには、Googleで”「whois +特定のウェブサイトのURL 」を入力すると、管理担当者もしくは登録者用の電子メールの連絡先情報を見つけることができます。もし、それでもサイト所有者の連絡先を見つけることができない場合は、サイト所有者の管理会社に連絡する必要があります。

3. Googleに連絡する

もし、サイトの所有者と連絡が取ることができない、もしくは情報の削除依頼を拒否された場合の最終手段は、Googleに連絡してみることです。Googleはユーザーがインターネット上に公開する情報を管理していないため、通常は検索エンジンから個人情報を削除することはありません。これは単純なことで、見せたくない情報は公開しないようにし、インターネット上に情報を公開した人はそれを削除する責任が出てきます。

Googleは、あなたの名前、生年月日、電話番号、または政府のデータベースで公に公開されているどんな情報も、削除する手助けをすることはないでしょう。しかしながら、そういった情報を公開していることで、何らかの攻撃にさらされる可能性がある場合は、Googleは特定の情報を削除することができます。

以下は、Googleがユーザーの代わりに削除する可能性のある情報の一部です。

まとめ 

第一印象は、あなたの世間一般的なイメージや印象を形成する上で、実に重要な役割を果たします。これはインターネット上だけでなく、オフラインでの実際の生活でも同じことがいえます。 誰かがあなたについて検索して得た最初の情報によってあなたの評判が下がったり、知られたくないことまで知られてしまうことは避けたいものです。

もし、Googleであなたの名前を検索して、オンライン上で知られたくない情報を見つけてしまった場合は、この記事で紹介している方法を使用することで、削除するかどうか判断することが可能になります。しかし、やはり一番はインターネットに何かしら情報をアップロードする際には注意を払うことで、流出を防ぐことができるでしょう。