Windows向けに最適で信頼性の高い無料VPN6選+有料VPN2選

近年、サイバー攻撃による事件が急速に増え続けています。このような攻撃を防ぐためにもWindowsデバイスの接続を保護する必要があります。

VPNはWindowsデバイスを保護するための最適な方法の1つです。VPNは接続を暗号化し、IPアドレスを変更し、オンライン上での活動履歴を追跡できないようにします。さらにVPNを使用することで、Netflixなどの視聴プラットフォームや地域制限された海外サイトのコンテンツにアクセスすることができます。

有料版VPN、もしくは無料版VPNのいずれかを使用することで、デバイスを保護することができます。世の中にはたくさんの無料版VPNが存在していますが、全てが全て安全でおすすめできるというわけではありません。この記事ではWindowsデバイスと互換性を兼ね備えている優れた無料版VPNを紹介します。

Windows向けにおすすめの安全なVPN

無料版VPNを紹介する前に、安全で特筆すべき2つのVPNを紹介します。これらは有料ではありますが、返金保証があるともに質の高いサービスを提供しています。返金保証がある場合はしばらくの間、VPNサービスを使用した後に返金請求が可能です。こちらではおすすめの2つの安全なVPNを紹介します。

ExpressVPN

当社のテストで総合的に最も優れたサービス

ExpressVPN devices
  • 超高速サーバー
  • AES 256ビット暗号化
  • プライベートプロトコル「Lightway」対応
  • 返金保証

1つ目はVPN業界でも最高峰のVPNサービスとして知られているExpressVPNです。30日間の返金保証期間を設けており、サービス利用後に全額返金可能です。

ExpressVPNは94ヶ国に3000以上のサーバーを保持しています。簡単にIPアドレスを変更して地域制限されたコンテンツにアクセスし、Windowsデバイス上で保護されたインターネット接続を保つことができます。

サイバー攻撃を防ぐためにAES256ビット暗号化を使用し、OpenVPN、IPSec、IKEv2など安全なプロトコルを兼ね備えています。Windowsデバイスを非公開または公開のどちらのネットワークに接続していてもオンライン上のセキュリティは保証されます。さらにキルスイッチ、マルウェア保護、IP保護などの特別な機能もあります。これらの機能が保護レイヤーの役割を果たして、ハッキングを防止することができます。

また、個人の匿名性とプライバシー(個人情報保護)は最大限に保護されるでしょう。厳格なノーログポリシーを採用しており、VPNプロバイダーが個人データを保存したり、第三者と共有しないことが保証されています。VPNを使用している間は完全に匿名となるので安全です。

加えて、スプリットトンネリング機能を備えているので、VPNを通してアクセスするサイトを選ぶことができます。また、トレントとP2P(peer to peer)共有が可能です。

ExpressVPNは、Windowsを含むほとんどのデバイスで使用でき、ユーザーが困った時に即対応できる24時間365日対応のカスタマーサポートもあります。また、最大5つまでデバイスの同時接続が可能です。

ベストオファー: $6.67/月 (保存する 49% + 3ヶ月間無料)

NordVPN

当社のテストで間違いなく最速のサービス

NordVPN devices
  • 非常に高速なサーバー
  • 優れたセキュリティ機能
  • 検証されたノーログポリシー
  • ストリーミングプラットフォームのブロック解除

NordVPNはもう一つのおすすめの安全なVPNです。質の高いサービス、高速サーバー、地域制限されたコンテンツへのアクセス、最大限のセキュリティと匿名性を兼ね備えた最適なVPNといえます。

また、このVPNサービスには無料版はありませんが、30日間の返金保証を提供しています。このサービスは有料版VPNを使用してWindowsデバイスを保護し、最大30日間も地域制限されたコンテンツにアクセスすることが可能で、期間内であれば返金を申請することができます。

NordVPNは59ヶ国以上の多拠点に5000台以上のサーバーを設置しており、IPアドレスを試用したい国や場所に簡単に変更することができます。また、クイック接続(QuickConnect)機能を使うことで自動的に最速のサーバーに接続されます。

このトップレベルのVPNは、軍事レベルのAES256ビット暗号化方式を使用して接続を安全に保護しており、オンライン上での監視を回避します。また、OpenVPN、IPSec、IKEv2などのようなプロトコルを搭載しているので、オンライン上のセキュリティをより強固なものにしています。

さらに、マルウェア保護、自動キルスイッチ、IP保護などの機能を備えており、セキュリティの侵害はほぼ発生しません。

このVPNサービスを利用することで、他国から地域的に制限されたコンテンツにアクセスした場合でも、現地のサイトを閲覧することが可能になります。また、VPNを使用するサイトを選べるスプリットトンネリング機能を搭載しています。

また、厳格なゼロログポリシーを採用しているので、インターネット使用の際の匿名性とプライバシーを確保します。そして、Windowsなどの各デバイスに対応しており、最大6台までのデバイスに同時接続することが可能です。

ベストオファー: $2.93/月 (保存する 68% + 3ヶ月間無料)

Windows向けの完全に最適な無料版VPN

いくつかの無料版VPNは優れたサービスを提供していると宣伝していますが、Windowsデバイスを使用している間にサイバー攻撃から保護し、地域的に制限されたコンテンツへのアクセスが可能なのはほんの一握りだけでしょう。私達の一番のおすすめは、以下の通りです。

ProtonVPN

無料版があるベストVPNサービス

ProtonVPN devices
  • 無料版あり
  • 強力なセキュリティ機能
  • 信頼性の高いノーログポリシー
  • Perfect Forward Secrecy (PFS)を実現

ProtonVPNは、素晴らしい機能を備えている最適な完全無料版VPNの1つであり、Windowsデバイスとの互換性があります。簡単に地域制限されたコンテンツにアクセスすることが可能で、接続を暗号化することでサイバー攻撃を防ぎます。

このVPNプロバイダーには有料版と無料版があります。有料版は世界50ヶ国以上に1000台以上のサーバーを保持しており、高速サーバーと最先端のセキュリティ機能を提供しています。有料版のほうがより多くのサービスを受けられますが、無料版でもIPアドレスを変更し、接続を保護することが可能です。

無料版では異なる3つの国にある24台(アメリカ9台、日本4台、オランダ11台)のサーバーにアクセスできます。これらの場所で地域制限されたコンテンツを視聴することができ、なおかつサイバー攻撃からアカウントを保護することができます。

ProtonVPNは無料版と有料版の両方で、無制限のデータ帯域幅と高品質のセキュリティ機能を提供しており、インターネット接続を安全に保つためにAES256ビット暗号化も使用しています。また、OpenVPN、IPSec、その他のセキュリティ機能のようなプロトコルによって保護されています。

そして、このVPNプロバイダーは厳格なゼロログポリシーを採用しているので、個人のオンライン上での行動が非公開、かつ匿名で守られることを保証しています。ユーザーの情報はいかなる第三者にも共有されることはありません。

無料版で決済を済ませる前に、まずは30日間返金保証を利用してみることをおすすめします。最大30日間も有料版を使用でき、期間内に返金請求もできます。その他にも優れた顧客サポートを兼ね備えており、Windowsを含むほとんどのデバイスと互換性があります。

ベストオファー: €8/月 (保存する 25%)

Hide.me

間違いなく最も安価なVPNプロバイダー

Hide.me devices
  • 高度なIP漏洩対策が可能
  • 世界72カ国、1,800台以上のサーバー
  • AES 256ビット暗号化
  • 完全無料版の提供

Hide.meは、このリストの中では2つ目のMicrosoft向けに最適な無料版VPNです。優れたセキュリティ機能を備えており、Windowsデバイスで検索する際に完全に非公開で、かつ匿名であることを保証しています。

このVPNプロバイダーには有料版と無料版があります。有料版では世界75ヶ所以上に1900台ものサーバーを保持しています。帯域幅は無制限で、サーバーを簡単に切り替えて安心して閲覧できたり、地域制限されたサイトにアクセスすることができます。

ただし、無料版ではオランダ、ドイツ、アメリカ西部、アメリカ東部、カナダにある5つのサーバーにしかアクセスできません。サーバーの速度はそこそこ速く、これら地域のコンテンツのブロックを解除することが可能です。IPアドレスをこれらの場所のいずれかに変更し、監視の目にとまることなく、デバイスを保護することができます。

セキュリティ面では、無料版と有料版の両方で軍事レベルの暗号化を使用することでIPアドレスを隠せ、ネットワークを安全に保護します。また、OpenVPNのような必要不可欠なプロトコルを使用し、公共のネットワークを使用する場合には特にセキュリティを強めます。

しかしながら、無料版には10GBのデータ帯域幅の制限があり、もし使い切ってしまった場合に継続してデバイスを保護するためには有料版VPNへのアップグレードが必要になります。

有料版に関しては30日間の返金保証があるので試してみることができます。仮にサービスに満足できなかった場合は使用し始めて30日以内であれば返金請求ができます。また、このソフトはWindowsと互換性があり、大変使いやすい仕様となっています。

ベストオファー: €4.99/月 (保存する 61% + 無料)

Hotspot Shield

最高のサーバーを持つVPNサービス

Hotspot Shield devices
  • 超高速なサーバースピード
  • 驚異的なブロック解除機能
  • 直感的なユーザーインターフェース

Hotspot Shieldもまた、Windowsデバイスで使用可能な優れた無料版VPNといえます。ネットワークを暗号化し、地域制限を回避し、非公開で匿名性を維持しながらインターネット閲覧を楽しむことができます。

これまで紹介した他のVPN同様に有料版と無料版があります。有料版では世界80ヶ国以上の3200台以上のサーバーに接続することが可能です。サーバーの切り替えも簡単で、地域的にブロックされたコンテンツにアクセスし、視聴することができます。

一方、無料版ではアメリカにあるたった1つのサーバーしかアクセスすることができません。それでも、Windowsデバイス上で実際のIPアドレスを隠して、アメリカの居住者だけが閲覧できるコンテンツやサイトにアクセスするために使用することができます。 

無料版もしくは有料版のどちらでもAES256ビット暗号化を使用しているほか、Hydra、IPSec、OpenVPNなどの安全なプロトコルも備えており、サイバー攻撃を防ぐための機能を兼ね備えています。

無料版はデータ帯域幅の制限もあり、1日に利用可能なデータ量は500MBです。使い切ってしまうと翌日まで待つか、有料版にアップグレードする必要があります。

また、7日間の無料トライアル期間で有料版のサービスを試してみることができます。特別なセキュリティ機能とともに有料版サーバーにアクセスが可能になります。もし、短期間しかVPNを必要としない場合は、この無料トライアルを利用してみてはいかがでしょうか。

ベストオファー: $7.99/月 (保存する 38% + 無料)

Trust.Zone

無料版があるベストVPNサービス

Trust.Zone devices
  • 専用IPアドレスの提供
  • トレントやP2Pによるファイル共有が可能
  • お得な価格設定
  • 無料版あり

Trust.ZoneのVPNサービスは、オンライン上でのプライバシーを保護し、インターネットの閲覧履歴を他人から追跡されないように隠し、本当のIPアドレスをカモフラージュするための強力なツールです。また、VPNサービスを利用することでオンライン上のセキュリティ侵害を回避し、Windowsデバイスから地域的に制限されたコンテンツにアクセスすることができます。

このVPNプロバイダーは世界38ヶ国以上にある200台以上のサーバーを戦略的に配置しています。高速サーバーを使用してIPアドレスを隠し、安全にネットサーフィンを楽しむことができます。セキュリティ機能は、自宅のネットワークや公共Wi-Fiを使用しているかどうかに関係なく、保護されます。

Trust.Zoneはオンライン上での安全性を最大限に高めるために、OpenVPNやIPSecなどのプロトコルと合わせて、AES256ビット暗号化を使用しています。完全な匿名性を維持し、ユーザーのオンライン上での行動が監視や追跡されたりすることがないようにします。

このVPNプロバイダーはキルスイッチ、マルウェア保護などを含む特別なセキュリティ機能を提供しています。キルスイッチは接続に失敗した際にデータ漏洩を防ぎます。

Trust.Zoneはユーザーのプライバシーを保護するために履歴を残さないという厳格な規約があります。ユーザーのオンライン上での行動履歴を保存や他者への共有はしないので、プライバシーは保証されます。

このVPNプロバイダーは3日間の無料お試し期間を提供しており、期間内はデータ帯域幅の制限(1GB)がありますが、全てのサーバーと有料機能にアクセスすることができます。このデータ帯域幅を上限まで使い切るか、3日間の無料お試し期間が経過してしまうと、VPNサービスの使用を継続するためには有料での契約が必要になります。

ベストオファー: €3/月 (保存する 67%)

TunnelBear

当社のテストで最高の無料VPNサービス

TunnelBear devices
  • 完全無料版を提供
  • 世界26カ国で利用可能
  • AES 256ビットの暗号化
  • 比較的信頼性の高い速度

TunnelBearは匿名で検索でき、ファイアウォールを通り抜けるのに役立つVPNです。サーバーに接続すると暗号化されるので、ハッカーによるデータ盗難を防ぐことができます。また、IPアドレスを現在いる地域から他の地域に変更することで、その地域で利用可能なコンテンツを閲覧することが可能になります。

このVPNプロバイダーは23ヶ国以上に1800台以上のサーバーを保持しています。サーバーは高速なので、大きなバッファリングなどの問題が起こることなく、コンテンツを視聴するために使用することができます。

また、AES256ビット暗号を使用しているほか、OpenVPNのようなプロトコルを備えており、インターネット接続が安全でサイバー攻撃に遭わないことを保証しています。

そして、このVPNプロバイダーは無料プラン、無制限プラン、そして団体プランと異なる機能を兼ね備えた3つのプランがあります。

無料プランでは全てのサーバーにアクセスできますが、1ヶ月500MBのデータ帯域幅の制限があり、データ容量制限が過ぎると、有料プランに加入するか、翌月まで待つ必要があります。

無制限プランでは全てのサーバーに無制限のデータ帯域幅でアクセス可能で、サーバー速度が速く、特別なセキュリティ機能によって最大限の安全性を維持できます。一方、団体プランではデータ帯域幅の制限がなく、サーバー速度がより速く、最大5人までのユーザーが同時接続できます。

TunnelBearは全てのプランにおいて、厳格なノーログポリシーを採用しており、プライバシーに関する権利を証明する透明性報告書を公開しています。

ベストオファー: $3.33/月 (保存する 67% + 無料)

Windows向けに無料版VPNを利用する際のよくある質問

なぜ、Windows向けにVPNが必要なのですか?

Windowsデバイスが公共のネットワークに接続されていると、サイバー攻撃を受ける危険性が高まります。また、自宅のネットワークがハッキングされ、大切なデータが失われる可能性もあります。WindowsデバイスでVPNを使用することで、上記のようなリスクを減らし、デバイスを保護することができます。さらに地域制限のあるサイトやコンテンツにアクセスする際にも使用されます。

Windowsで無料版VPNを使用しても安全ですか?

はい、Windowsデバイスで前述の無料版VPNを使用しても問題ありません。全ての無料版VPNが安全というわけではありませんが、今回紹介したものはIPアドレスを隠してデバイスを保護することができます。ただし、無料版VPNは有料版VPNと同じレベルのサービスを提供しているわけではないことに注意しましょう。無料版VPNを使用することはVPNを使用しないよりかはマシですが、有料版VPNはより優れたサービスを提供し、データ帯域幅の制限がありません。

どのようにWindows向けの最適なVPNを選べばよいですか?

VPNプロバイダーを選ぶ際にはまず、サーバーの数や場所、速度、セキュリティ、プライバシー機能などを確認する必要があります。サーバーの数や場所はブロックされたコンテンツへのアクセスやIPアドレスの変更に役立ち、セキュリティ機能はインターネット上での活動を保護するためにより優れているほうがよいでしょう。また、検索の際の匿名性を確保するためにも厳密なノーログポリシーを採用しているかどうかも確認が必要です。

まとめ

VPNはインターネットを使用する際にデータを守るための最適な手段の1つといえるでしょう。閲覧の際のプライバシー、匿名性、安全性を確保することができます。また、世界のあらゆる地域からブロックされたコンテンツへアクセスするのに役立ちます。この一覧表で紹介した無料版VPNを使用することで、Windowsデバイスを保護することができるでしょう。